コンテンツ

対人恐怖症の治療

対人恐怖症を克服する為には治療をした方が良いと思うのですが、治療方法には薬を使った治療法、行動療法と言う様な方法があります。

対人恐怖症になると、不安になったり、理由もなく恐怖感に襲われたり、心配が尽きなかったりと言う心的症状を起こす人、身体が震えてしまったり、動悸やめまいを起こしたりと言う身体的症状を起こしたりする人がいますが、症状それぞれに合った薬を処方してもらい、服用するだけである程度の改善が見込めるみたいです。

対人恐怖症に対しての処方薬は主に下記の3種類ありますので参考にしてみて下さい。

【SSRI】
「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と言い、元はうつ病の薬(抗うつ剤)として用いられていた薬みたいで、対人恐怖症に対してかなりの効果を出す事が期待出来る様です。

【抗不安薬】
身体の緊張や心の不安感を取り除いてくれる作用があります。

【β遮断薬】
対人恐怖症による身体的症状(動悸や震え、汗等)を取り除いてくれる作用があります。

薬を服用し始めたら効果が現われると思いますが、暫くの間は服用を続けておいた方が良いらしいです。何故かと言うと症状が改善したからもう大丈夫と自分の判断で服用を止めると対人恐怖症が再発してしまい、症状が酷くなる可能性があるからです。

服用しているせいでの副作用と言う物は無く、むしろ服用する事で健康的に生活出来るのであれば、やはり暫くは服用している方が早く改善されると思います。